自然治癒力をサポートします

自分を大切にすればココロは健康になる「心のオフィス 和み」のメインページです。

防衛機制

防衛機制

  • 抑圧
    自分自身が認めがたい欲求や自己を損なうような欲求、性欲、攻撃欲など無意識の世界に閉じ込めてしまう機能。
  • 補償
    劣等感を克服するためにそれとは反対方向に価値を実現しようとする働き。
  • 置き換え
    怒りなどの感情をその対象にではなく物に向って八つ当たりするようなこと。
  • 昇華
    性欲、権力欲といった基本的欲求をスポーツや芸術など社会的に容認されるものに向けること。
  • 投影(投射)
    自分が相手を嫌っているのに相手が自分を嫌っていると考えるような自己感情や、欲求を他人に向ける心理規制。
  • 反動形成
    気の小さな人がかえって虚勢をはって強がることによって心のバランスを保つ。
  • 合理化
    同僚が自分より先に昇進したような時に、その屈辱感を「あんなつまらない役職」などと自分をごまかして正当化する働き。
  • 空想
    満たされない欲求を空想の中で満たす。
  • 退行
    幼児化することによって当面の困難を回避すること。
  • 取り入れ(同一化)
    理想とすることによって当面の困難を回避すること。
  • 分離
    強い感情をともなった観念や行動から感情だけを切り離し、観念や行動が実態をともなわないものにすること。
    脅迫神経症の脅迫観念や脅迫行動。
  • 否認
    自分が受け入れがたい欲求、苦痛な体験、現実などを、実際に存在しなかったものと考える機制。
  • 打ち消し
    罪悪感や恥などの情動をこれとは反対の行為や思考によって打ち消そうとすること。

(参考文献:「こころの病気を知る辞典」 編集 大塚俊男、上林靖子、福井進、丸山晋、 弘文堂 平成15年)

powered by QHM 6.0.3 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional